しわやたるみ

アンチエイジング成分のL-カルニチンとは

・L-カルニチンとは?
L-カルニチンとは、リジンとメチオニンの二種類のアミノ酸から構成される成分で、コエンザイムQ10やコラーゲンなどといった美容に良い健康成分のひとつとして注目されています。
ダイエット効果があると考えられ、サプリメントや健康食品に含まれています。
人間の身体の中でもL-カルニチンは生成されており、肝臓や腎臓において主に生産されています。
食品から摂取する場合は肉に多く含まれるので、サプリメントから摂取しなくても肉を口にするようにすれば、L-カルニチンが欠乏することはありません。
ただし、日本人の食生活は伝統的に肉類ではなく魚介類と野菜類を中心としているため、他国と比較してもL-カルニチンの摂取量が不足しており、一日に100mgも摂取できていない、とも言われています。

・L-カルニチンのアンチエイジング効果
L-カルニチンのアンチエイジング効果としては、筋肉細胞へ脂肪酸の受け渡しなどを行って代謝に重要な働きを行うほか、細胞内のミトコンドリアに脂肪酸を運んでエネルギー消費やエネルギー生産を行うので、継続的に摂取して体内に補ってあげれば脂肪燃焼を促すダイエット効果が期待できます。
近年では狭心症や腎機能低下などといった循環器系の疾患についても、L-カルニチンの効果が注目されるようになりました。
一日の必要摂取量は他の栄養素と同じく、年齢や性別、生活強度、体格や体質などによって異なりますが、一般的に200mg〜500mg程度の摂取が望ましいとされています。
牛肉から摂取する場合1kgに700mg程度のL-カルニチンが含まれていますが、多くの人にとって肉を1kg食べることは困難ですから、足りない部分はサプリメントから補給すると良いでしょう。

・摂取に際しての注意点
L-カルニチンを過剰摂取すると、副作用としては吐き気や胸焼け、その他胃腸への影響(胃痛や下痢など)が懸念されます。
サプリメントは特に過剰摂取に陥りやすいですから、一日の必要摂取量を超えないよう注意する必要があります。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない要素 All Rights Reserved.