しわやたるみ

アンチエイジングで保湿成分とは

アンチエイジングのポイントは、お肌をしっかりと保湿するということ。
特に乾燥肌の方は、一年を通してしっかりと保湿ケアをしなければしわやたるみ、毛穴の開きなどが目立ってきてしまいます。
さらに年齢を重ねると小じわ、ほうれい線などの原因にもなってしまい、見た目にも老け込んで見えるというデメリットも。
そこで今回は保湿にふさわしい成分と、正しい保湿ケアについて考えてみたいと思います。

・保湿成分について
お肌を保湿する成分としては、有名な「セラミド」があります。
セラミドは角質層の4割を占める成分で、表皮細胞から水分の蒸発を防止する効果があります。
セラミドを配合したサプリメントなども登場していますが、化粧水や美容液から直接お肌に塗布するほうが効果が実感しやすいと言われています。
保湿成分としてはヒアルロン酸やコラーゲンがよく知られています。
ヒアルロン酸は真皮に存在するゼリー状の物質で、水分を蓄えるパワーを持っています。
ヒアルロン酸を配合したスキンケア製品も多く存在していますが、もともと真皮という肌の奥深くに存在する成分のため、サプリメントや食品から経口摂取した方が有効と考えられています。
また、深いしわに対しては注射によって直接ヒアルロン酸を注入することもできます。

・保湿のポイント
スキンケアのポイントとしては、必ず肌タイプに合う化粧水や乳液を使うこと、さらに美容液についてはもったいないからと少量で済まさず、たっぷりと肌に染み込ませることです。
もちろんケアは毎日行うもので、あまりにも乾燥する場合は職場や学校でも化粧室などでしっかり保湿してあげましょう。
お肌のうるおいは年齢とともに逃げやすくなりますから、日々の継続が保湿の基本になります。
また、化粧水以外にも美容液やシートマスクなどを使っている方については、シートマスクは貼りつけたままにしておくと逆に乾燥しやすく、肌に与えた水分まで逃げてしまう場合があるので注意が必要です。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない要素 All Rights Reserved.