しわやたるみ

アンチエイジングとホルモンの関係

最近話題の「アンチエイジング」は、美容や健康管理はもちろんですが、自分自身のホルモンバランスを整えることも重要。
女性の身体に分泌されている女性ホルモンは「エストロゲン」とも呼ばれ、男性ホルモン、テストステロンと対をなす重要なホルモンです。
女性の身体を丸みのある女性的な体つきに整えるほか、健康面や精神面にも重要なはたらきをする物質です。

ホルモンの状態が安定していれば体調も自然と理想的なものに近づいていきます。
女性ホルモンは、年齢にしたがってだんだんと分泌量が減っていき、特に更年期以降は急激に分泌量が減少するため、身体は一気に老化が進んでしまいます。
中高年期に入ると誰もが身体の老化を意識するようになりますが、少しでも長く健康に過ごすためにはホルモンの分泌量やバランスにも配慮したいところです。

・女性ホルモンを補う方法
女性ホルモンは自然に分泌される物質ですから、薬やサプリメントを飲んで補う必要はありません。
しかし、分泌量が減少してきたなと思ったら「植物性エストロゲン」を含む食品やサプリメントを摂取してあげれば、体内でホルモンの活動を活性化させることができると言われています。
植物性エストロゲンを含む製品としては豆腐や豆類などの大豆製品、ざくろ、プエラリアなどの植物や果実があります。
もっとも日本人にとって身近なものは豆腐や大豆などですから、毎日の食事に一品豆腐や大豆を追加してあげるだけでもOKです。

大豆に含まれるイソフラボンという成分は女性の体調を無理なく改善させるほか、肌の調子を整えたり、月経サイクルを正常にしてくれるなどの効果が期待できます。
また、サプリメントなどで注目を集めているプラセンタについても、大豆イソフラボンをしのぐ植物性エストロゲンを含んでいるので、こちらも女性ホルモンへのアプローチに効果的です。
ただしプラセンタは豆類に比べて強い作用があり、10代や20代の若い方は逆に副作用の可能性があるため、体内に圧倒的に女性ホルモンが不足する更年期以降の方におすすめの成分です。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない要素 All Rights Reserved.